mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


薄さと太さ・光の導き/高畑の家 - 2006/02/27

« prev

V6010275hss.jpg
南側テラスの上に庇が取り付いた。日除けの役割と物干場としてポール掛けが取り付いている。
写真は横から撮っているため、裏側の太い骨組みがしっかり見える。
真下から見たり南側の庭から見ているとわずか1センチほどの薄いアルミの角波状の板しか見えない。
軽快な庇の裏側にはそれを支える構造が控えている。
この庇には、庭やテラスに当たる日の光の反射光が当たり、その光を室内へと導いてくれると思う。
今は足場の周囲にあるネットによって光が抑えられているが、足場がはずれた時どんな光の演出をしてくれるか楽しみである。

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


« prev-  高畑の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.