mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


高畑の家/設計考察 私の回答 第2回「塀との対話」 - 2006/12/22

« prev

untitled10_20110330115351.jpg
「塀との対話」
敷地の南側には隣地の工場が設けたコンクリートの万年塀が3メートルの高さでそびえている。
金属加工の工場では擦れるようなわずかな騒音と臭いがあるため、近隣との話し合いで昔に工場側が建てたようである。マイナスに考えると圧迫感があり、無機質なイヤなものである。
わたしはこれを自分の砦と考え、南側の庭の領域をしっかり区切ってくれる、包まれた中庭として捕らえるようにした。他人の物では無く自分の物としてプラスにしてしまえば良いのである。
3メートルの高さを、半地下をつくった上に1階のメインフロアを設ければ程よい高さの塀(壁)になる。浮いたテラスへの築山はアプローチとなり、庭を楽しませてくれる。3本組の樹木(シマトネリコ)が塀をバックに栄えて見え、潤いを与えてくれる。北側のドライゾーンに対して、南側はウェットゾーンと考えている。
東側の角パイプの塀は隣地との曖昧な結界をつくっている。風や光を通し、正面から見ると透けるが、1階のリビングから庭を見る時は隣地が気にならなくなり、またそれは隣地からも見られないということにもなる。
untitled11.jpg
大きく開けられた南側の窓のなかはリビングを中心に奥にはダイニングキッチン、吹き抜けた2階には子供室がつながる。コンクリートの半地下階の窓は寝室の窓となり換気と採光を取り入れ、下の写真のような潜った所からの庭が望める。視覚的にも十分楽しめる窓になっている。
untitled12.jpg
南側の庭の空間領域を意識してコントロールしたデザインが、水平方向と垂直方向ともに上手く出来たと思う。各々のインテリアから見た時の、庭の表情や広がりの違いが面白い。
包まれて、安定した「精神の拠り所」ができた。・・・癒しの場
私の回答ー第1回 の北側のバス通りに対しての環境との関係性。そして今回の南側のコンクリートの塀に対しての関係性は別々の物ではない。ひとつの建築のバランスとして全体をとらえた中での設計、デザインである。
周辺環境と建築の関係は生活する人の日々の暮らし、四季を通じての永い時間をふまえ考えなくてはいけないと思う。2次元 3次元 の空間ではなく 4次元 の空間を構築する。そんな創造性をもって設計するすることが大切である。

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


« prev-  思想 高畑の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.