mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


高畑の家/設計考察 私の回答 第5回「箱の中・3」 - 2007/02/23

« prev

『水廻り(浴室・洗面・トイレ)の開口部』  機能と演出からのデザイン
untitled_20110329165243.jpg
上の写真は地下室から北側外部を見たもので、張り出しているのは1階の水廻りの部屋である。
下の写真は、1・2階が地下のコンクリートボックスから張り出していることがわかると思う。この張り出しの正面の外壁がわずかに傾斜していることに注意してほしい。この傾斜の開きで下面に隙間を設けている。
その隙間が上の写真の軒天井の左端に薄暗く見える部分である。巾50センチくらいで建物の正面巾いっぱいに隙間がある。
untitled2_20110329165243.jpg
下の写真は洗面から隙間(開口部)を見下ろしたものである。外部の光を間接的に捕り入れ、水平に設置されたガラスは、横に移動して風を通す。
この開口部は北側にあるバス通りからの視線を妨げながら、光と風を導くために工夫してデザインしたものである。1階の南側は庭に面した大きな開口が欲しい・・・が、コンパクトにリビング・ダイニング・キッチンをおき、家事機能に良い水廻りを同じ1階のプランに納めるための計画である。
この機能的なプランをまとめながら空間を美しくデザインする。その回答が、傾斜を持たせた外壁から生まれたスリット(隙間)である。
untitled3_20110329165242.jpg
インテリア(洗面室)からの様子が、下の写真である。スリットからの光がグラデーションに淡く拡がっていてのがわかると思う。夜は外部(下)からのスポット照明で、浴室などのインテリアを演出、機能してくれる。
untitled4_20110329165242.jpg
今回の住宅で「機能、計画、デザイン、演出」をまとめた部分の重要な設計になった。このスリットのおかげで建築全体の設計がまとまったと言っても過言では無いと思う。

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


« prev-  思想 高畑の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.