mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


大垣の再生住宅 / 玄関庭 - 2007/06/26

« prev

2003年末に竣工した大垣の再生住宅の玄関庭の様子です。
2階の張り出したバルコニー下に作った物置きの外壁がスクリーンになるように計画しました。
奥行きが無い庭なので、バックをスッキリさせるよう黒いガルバリウム鋼板を「地」にしています。「図」になる緑(庭)のデザインは、糟谷護さんにお願いしました。ナチュラルで爽やかなイメージが得意な糟谷さんの、品のある素敵な庭となりました。
6010252_20110330174055.jpg
竣工当初は壁際の庇は無く、もう少し余裕もありましたが、ガレージに向かう動線に雨の日のための庇をデザインすることになり、緑を活かせるような、シンプルな庇を造りました。
梅雨の時期は緑の勢いがとてもよくボリュームが大きくなっています。
untitled_20110330174056.jpg

 
6010251_20110330174055.jpg
ガレージ側からの様子です。予定に無かった庇ですが、使い勝手も良いそうで、軽くて落ちついたモノとなりました。
もうすぐ、糟谷さんに手入れをお願いする時期です。

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


« prev-  other work / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.