mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


高畑の家 / ひとつながり の家 - 2007/12/20

« prev

時を重ね育むワンルーム:
ドアのないワンルームの家は、いつも家族の気配を感じ、生活している。無意識の中で過ごす時間は後に意識として記憶される。それは経験となり思い出となり、人を育んでくれる。そして互いの気持ちを考えながら思いやりを持って暮らす大切さを学ぶ。包まれたひとつながりの空間で時を積み重ねて育まれる家族。
建築は器に過ぎない:
フロアは下から両親・皆・子供達だが、使うのは自由。どこで何をしようと気侭で良い。天気や季節によって居たい所、やりたいことによって使う場所、気分によって過ごしたい場所・・・人それぞれ様々で良い。機能は住み手が考えて使う。人が使い暮らすことにより建築は生かされる。
建築は器に過ぎない、しかし器の質から人も育まれる。
内外をつなぐ窓:
窓は周辺環境をとらえて、役割りを決めている。視覚的な開放と制限。バス通りや工場からの防音、防臭。太陽を捕らえ室の空気を一掃する天窓。湿気を防ぎ換気する浴室の水平窓。熱と音を制御するペアガラス。
床暖房で叶ったワンルームの住環境:
断熱:外壁は外貼りと中貼りの二重断熱として室内エネルギーを制御している。
冬:地階と1階に設けた床暖房は、部屋をひとつにつなぐあたたかな室気候をつくってくれる。
夏:室内頂部にある窓(ハイサイドライト)を始め、風通しのある開口部計画。

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


« prev-  高畑の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.