mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


瀬戸の街から - 2009/08/26

7月に瀬戸からメールをいただいた方からの、出会いをご紹介しました。
そのご家族はメールの後まもなく6月の中旬に来られました。
息子さんは身体のこともあるため、ご両親だけで来られると勝手な想像をしていました。
しかし、心配していたようなことはなく、三人が元気な足取りで来られました。
お話しを聞いていくと、家づくりを中心に進めていらっしゃるのは、息子さんだそうです。ハウスメーカーのカタログや住宅雑誌を見たり、住宅展示場に行かれたりと・・・検討はされたようですが、心を打たれるものはなかったようです。その後、インターネットで設計者を探されたようです。すでに具体的なイメージづくりをおこない、購入された敷地の中でプランニングまでされていました。
息子さんは、創作活動(絵、ものづくり?)をされており、2階の自分の部屋はアトリエとして使うような大きな空間でした。お母さんは、息子さんの感性は素晴らしいと褒めたたえていらっしゃいました。まずは現在の住まいに伺って、作品を見たり、生活の様子を見させてもらわないといけませんね。トイプードルのトリミングも大切な生活の一部だそうです。
ご家族の絆の強さはとても強く、求められている住まいに、それを十分に活かせるように形づくっていく責任を感じながら、同時に、このような家族の家が設計できる喜びに浸っている自分もありました。知多の家のような自然の環境を大切にしながら暮らす 幸せを感じられる家 。  こんな豊かな家づくりをさせてもらえるなんて・・・と嬉しくてたまりません。
数日後、メール送られてきて、新しいプランが入っていました。
“家族の距離感”と、”家によって得られる日々の情緒”
をテーマとした  南庭と中庭がつながるコートハウス  です。
「瀬戸の家」 もこれから つくるプロセス を楽しみながらやっていきたいと思います。

 

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


-  other work / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.