mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


SETOの家 / 敷地 - 2009/09/16

いつも新しい敷地を見学するときは、とてもワクワクした気持ちになります。
今は敷地の住所からインターネットで航空写真も見られるため、おおよその環境は行かなくてもわかります。しかし、実際訪れると、自分の目で見た自分のフィルターで感じ取れるニュアンスが様々にあります。敷地の周りから敷地自身を確認するのはもちろん、敷地の中心に立ち、周囲に何が見えるか?周辺環境との関わり関係性をじっくり観察します。
建て主の方は、どのような想いでここを選ばれたのか。暮らしの可能性はどのくらいあるのか。
敷地は家づくりでとても重要な要素です。住まい環境をデザインする私の設計は、この敷地条件の読み取りからはじまり、分析、構想して、イメージづくり(シュミレーション)を行います。
ここは、区画整理された造成地です。これからの新しい生活をするために選択された場所です
CA3A0195.jpg   CA3A0199.jpg   CA3A0197_20110401114722.jpg
造成地の中で、南西の角にあり、西に公園、南には隣の団地との緑地帯があります。
造成地内でも、この特殊な環境は面白い条件です。ペットの散歩道になっているこの道は周囲の人たちによく見られる場所で、住まい手側だけでなく、周辺の方々の気持ちに配慮した愛される家にしたいものです。

 

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


-  other work / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.