mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


建築は詩・6/吉村順三のことば100 - 2011/11/29

« prev

 建築家 吉村順三氏のことばをまとめた著書「建築は詩」(彰国社)から、気になることばをセレクトして紹介したいと思います。
(これは 2011.10.31から11.5にかけて、人人ネットのリレーブログで 6回に渡って連載したものです。)
人人ネット   http://www.hitohito.net/    
リレーブログ  http://myhitohito.exblog.jp/
*人人ネット:建築家と家づくり/人人ネットは住宅専門の建築設計事務所とオンリーワンの家を建てたい人のための建築情報サイトです
第6回 (人人:リレーブログ 2011.11.5)
最終回
6、心の豊かさ        
 「建築は詩」(彰国社)より 1989
 建築は、はじめに造形があるのではなく、はじめに人間の生活があり、心の豊かさを創りだすものでなければならない。そのために、設計は奇をてらわず、単純明快でなければならない。
 建築家 吉村順三のことば100 「建築は詩」 P93 から
 住まい(建築)はシンプルなのが良いです。ミース・ファン・デル・ローエ*1が言った「less is more」という言葉があります。「より少ないことは、より豊かなこと」という空間は質を問われます。生活する人の心を豊か創りだすのは使い手の身になって、日々の暮らしに機能的・精神的な心地よさが持続できることだと思います。一時期の感動に留まらず小さな幸せを送り続けることです。
*1 ミース・ファン・デル・ローエ 1886.3.27~1969.8.17 20世紀のモダニズム建築を代表する、ドイツ出身の建築家。ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトと共に、近代建築の三大巨匠と呼ばれる。
 ファンスワース邸:ミースの代表住宅
mies[1]
最終回
2011.11.29

 

愛知県 名古屋 建築家 設計事務所 向井一規建築設計工房


« prev-  column / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.