mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


敷地模型  / 覚王山 - 2012/04/27

« prev

 

先日の敷地調査を活かして敷地の模型を作った。

いつもそうだが、敷地周辺の建物も大切な環境条件になるため、これくらいは作る。

  

今回は周辺建物の窓の位置も模型に反映している。

計画する建築の窓からの 見る・見られる の関係まで大切な空間デザインになるためである。

自分の部屋からの心地よい空間をつくるための観察はかかせない。

 上が北

計画は東側奥半分に建築する予定である。直ぐ北にあるお宅が南面にベランダなど開口部がある。

後から建てるお客さんは、このお宅にご迷惑をかけないような建築になるように希望された。

とても気持ちの配慮された素晴らしい要望である。

しかし、周辺をこのように囲まれたなかで、いかに自分の心地よさをつくるか・・・

アイデアを振り絞る、やりがいのある敷地である。

 

ikki       2012.4.27


« prev-  覚王山の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.