mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


最小限住居(ウナギの寝床) ・ 森末の家 - 2014/07/29

« prev

 

再生M(名古屋市中村区)の近くに住まわれている方から、ご相談を受けていた住宅のプロジェクトが始まりました。

この再生Mの工事の最中から気にされていたようで、どんな建築が出来るかよく見られていたようです。

一元様お断りの料亭か、オシャレなカフェか・・・と思われていたようです。

出来上がって個人住宅とわかり、室内はどうなっているか?

よりいっそう気になって直接尋ねられて見学をお願いされたようです。

空間を気に入られて、こちらの案内を聞かれました。

古い一戸建ての住宅を解体されて、小さな住宅をつくりたいというご希望です。

 

 

s-IMG_4830     s-IMG_4845 s-IMG_4846

2ヶ月ほど前、ご相談を受けた時は、まだ古いお宅はありましたが、今回は既に解体されていました。

間口4m 奥行18m まさにウナギの寝床状態です。

(なぜか・・今日は、偶然 土用の丑の日!?)

隣家は3階建て2階建ての中に、平屋建てを建てる計画になります。

私の設計の中で、最小限住居の建築になります。

まさに、長~い9坪ハウスになりそうです。

この挑戦に、不安と楽しみの両方があります。

 

 s-IMG_4872

今日は、先日のご相談からお聞きした内容で、たたき台のスケッチをお持ちしました。

新しいご要望や条件をふまえて、次回打合せさせていただきます。

「小さくても豊かな住まい」  をめざして・・・

 

ikki                   2014.7.28

 


« prev-  森末の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.