mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


修復 ・ 再生則武長屋 - 2015/04/28

« prev

 

工事が完了して引渡しも終わりましたが、表しで残した1階の天井部分で、

経年変化の中で変色したり痛んでいる部分、また前の仕上げを剥ぎ取った部分などを修復しました。

これらの違和感がある所をサンドペーパーでこすり、その上に塗装して周りと馴染むようにしました。

s-IMG_7781 s-IMG_7788 s-IMG_7790

知人のS君と・・・地味な作業です。

修復したことがわかるというよりは、わからないように馴染ませることなので、

前の状態を良く知ってないと変化に気がつきません。

修復作業がとても上手で、ホントに良い馴染み方になりました。

 

s-IMG_7782 s-IMG_7784 s-IMG_7791

天井板の一部分が、白くなっていた所をペーパーで落とし、雑巾で汚れをふいて、

塗装屋さんに残してもらっていたペンキをウエスに染み込ませながら刷り込んでいきます。

梁の上面は、以前は板貼りだったため、黒ずんだ様子がないため、あえて周りに馴染むように色付けしました。

どこも自然で、何をしたのかわかりません。

それが、今回の成果になります。

S君とふたり、自己満足の世界で終わりました。

ずっと上向きでの作業で、首が疲れたようです。

ありがとうございました。

 

ikki              2015.4.28


« prev-  再生則武長屋 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.