mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


塗装の準備 ・ 青海の家 - 2018/02/25

« prev

 

今週は監督さんとの打合せ(2/22)とクライアントさんとの打合せ(2/25)をまとめて書きます。

監督さんとは建具屋さんに来てもらい、寸法取りと金物・鍵等について打合せしました。

大工さんの方で建具の枠廻りを仕上げて来てもらったからです。

詳細な気遣いをしてもらえる建具屋さんで、とても助かります。

 

大工さんは他に個室の合板張りやプラスターボードを張ってもらい、空間のボリュームがはっきり体感できてきました。

s-IMG_9374

 

s-IMG_9371   s-IMG_9377   s-IMG_9378

 

クライアントさんとは、塗装の色について下打合せをさせてもらいました。

しっくい塗りの色もグレー系・オーク系・ブラウン系とあり、各々で濃さも調整できるため

色サンプルを見ながら検討させてもらいました。  空間のベースの色になるため、かなり重要な色決めになります。

これとナラフローリングの床の色、ラワン合板の壁や天井の色、そしてアクセントになるキッチンの収納棚・カウンターの色・・・

など要素はたくさんありますが、シンプルな構成になるように試行錯誤しながら一緒に考えていただきました。

素材と色のバランスを見ながらコーディネイトしていく作業は難しいですが、

クライアントさんは出来上がりを創造しながら決めていくことが、とても楽しそうでした。

 

s-IMG_9306   s-IMG_9309   s-IMG_9315

合板だけの個室もこげ茶の部屋になりました。薄っすら木目だけが表れてかっこよくなりそうです。

空間の面は、「地」になりそこに「図」となる 家具や雑貨・家電・日用品・・・など

様々な色合いが出ることを創造しながら決めていくことを認識してもらっていて嬉しく思いました。

 

 

木曜日の夕方はほのかな夕焼けになり、ロフトからの風景が綺麗でした。

s-IMG_9312

 

少しずつ仕上がりに向けての準備ができてきました。

今日も打合せ、ありがとうございました。

 

 

ikki                   2018.2.22-25


« prev-  常滑の家 青海の家 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.