mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


水廻りから ・ 再生ISE - 2018/11/30

 

今日は、クライアントさんに来て頂き、浴室 ・洗面室などの仕様確認の打合せをさせていただきました。

左官屋さんの下地作りの後に給排水設備の配管・電気配線など多くの設備が関係し、

衛生機器などの納まりも検討する必要があります。

今回のコンクリート造のリノベーションは、既設の配管・配線が壁・床などに埋設しているため

その既設を活かせるか新設するかの判断も調査しながらの工事になります。

 

s-IMG_2740      s-IMG_2742

浴室下の配管           床.壁.天井の杉板サンプル/ワークスペース

 

大工さんにはリビングの天井下地から始めてもらっています。

こちらも既設との取り合いを考えながらの作業です。

これらの手間のかかる作業は、各職人さんには大変な作業となります。

それぞれ現場での判断力が大切ですね。出来ること出来ないことなど・・・

何を優先して決断していくかを問われます。

 

監督さんはじめ皆さん、ご苦労様です。

 

 

ikki                 2018.11.29


-  再生ISE / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.