mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


解体除去完了 ・ RE長屋-ITO2 - 2019/08/02

猛暑の中、どうにか解体除去工事が終わりました。

本当に暑い中、ご苦労様でした。

木造の軸組みが全て表しになりました。

木造軸組み構造の素形が表しになり、スッピンの美しさを感じる空間となりました。


.

今日は、スケルトンの現況把握をしながら構造的な補強やリノベーションに向けての打合せを工務店とさせてもらいました。

ベタ基礎となるコンクリートスラブを打って既設の柱の下に土台をつくる工事は、難易度の高い工事になります。

既設の状況から出来ること出来ないことの判断をして設計・デザインとの調整が必要です。  

なんといっても築100年ですからね。

リビングの吹抜けに表しとなる梁は、龍が舞うような見事な丸太です。

この空間を中心に、光庭~水廻りへとつながります。

来週からは、大工さんが入って既設からリノベーションにつながる調整をしてもらいます。

本工事は、これからです。  よろしくお願いします。

.

ikki                  2019.8.2


-  RE長屋‐ITO2 / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.