mki-archi

home  concept  about  works  blog  link  contact


模型の効果 ・ 再生S - 2015/08/27

« prev

 

クライアントに模型をみながら、実施設計の進捗状況を説明して、承諾をいただきました。

 

s-IMG_9039 s-IMG_9048

この古民家ならではの、丸太の小屋組みの下にできる小さな溜まりのリビング、

そして庭への拡がりをもつダイニングキッチン。

今回は、既存の良さを感じるうす暗い間と、新しくできるテラスへの大きな開口部の明るい間の

対比と同居の面白さがテーマになります。

クライアントのコンセプトも、住まいは暗さ半分・明るさ半分の空間で仕上げ材はできるだけシックに

落ち着いたイメージで・・・という要望を出されました。

ひっそりとある「隠れ家」のようになれたらと思います。

 

ikki                2015.8.27

 

追伸

先月、9月の中旬に、クライアントと実施設計完了の確認をさせてもらいました。

内容も十分に満足いただきましたが、会社としての事業パフォーマンスとして、

時期的に難しいことがあるようで、しばらく検討させてもらいたいとの回答でした。

直ぐに、工務店の相見積もりに入る予定でしたが・・・

シルバーウィーク開けに連絡があり、「しばらく延期させてほしい」とのことでした。

1年くらいは、この提案を保持しながら、お待ちすることになりました。

不動産会社の今後の事業として、この「古民家再生プロジェクト」は、シッカリとやって行きたいとのことで、

約束いただきました。

今回は、少し残念ですが、また来年にお願いしたいと思います。

 

ikki              2015.10.2


« prev-  再生S(白子町) / archive  -      

copyright©mki-archi All Rights Reserved.